2010年03月17日

シー・シェパード船長、肉魚ペロリ…菜食のはずが(読売新聞)

 反捕鯨団体シー・シェパードの元船長で、ニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)が12日、海上保安庁に逮捕されたが、2月15日に第2昭南丸に侵入して以来、ベスーン容疑者の船内生活は、1か月近くに及んだ。

 関係者によると、中から鍵が掛けられない個室が与えられ、室外には24時間見張りがついていたが、要求すれば出入りは自由で、甲板で運動することもあった。

 1日3回の食事はほかの船員と同じメニューで、焼き魚など和食が中心。冷凍の肉類を調理した料理も提供され、ベスーン容疑者は残さずに食べたという。シー・シェパードの抗議船内では菜食主義が徹底され、肉や魚は食べられなかったとされる。

 関係者は「シー・シェパードの船に乗っているときより、よほど充実した食生活だったのでは」と指摘する。

鳩山首相の公邸入居費を「過少申告」 清掃費を除外(産経新聞)
密約有無、政府見解出さず 岡田外相が表明(産経新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
鳩山首相にとってすべては「ゆらぎ」なのか?(産経新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
posted by タカモリ カズヒロ at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。