2010年03月19日

桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)

 立ち枯れなどの被害が指摘されている桜の名所・吉野山(奈良県吉野町)で、桜の保護活動をしている「吉野山保勝会」(会長=北岡篤・吉野町長)は13日夜、初めての住民説明会を同町の吉野山ビジターセンターで開いた。

 参加した住民約70人に、桜が衰退している現状や今後の植樹方針などを報告した。

 説明会では、保勝会の水本和幸・渉外部長がまず、「樹勢が衰えた桜の木には、コケや菌類が繁殖し、立ち枯れなどの被害が出ている」と現状を説明。2008年に発足した「吉野山サクラ調査チーム」団長の森本幸裕・京都大大学院教授も、音波を使った幹の診断の結果、「多くの桜に腐食による空洞があることを確認した」とし、土壌が樹木を腐らせる菌に汚染されていると報告した。

 また、保勝会では現在、桜の種約1000粒をプランターで育てており、5月中旬には苗を植える計画だという。

 報告を聞いた民宿経営の東広明さん(26)は「これまで以上に危機的状況だと痛感した。地元の若者として桜を守る活動に積極的に参加し、後の世代に吉野の桜を伝えていきたい」と話した。

<普天間移設>沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書(毎日新聞)
島の海岸など捜索=女性遺体遺棄−福岡県警(時事通信)
福島県沖でM6・6、楢葉町で震度5弱(読売新聞)
<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い(読売新聞)
posted by タカモリ カズヒロ at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

普天間「地元理解が先決」、米が政府に伝える(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、米政府が日本政府に対し、「新たな移設先を提案するなら、地元の理解を取り付けるのが先決だ」と伝えていたことが12日わかった。

 政府は同県名護市に広がる米軍キャンプ・シュワブ陸上部案を有力案としているが、県外・国外移設を求める沖縄側の反発は強まっている。陸上部案を正式な政府案として対米交渉に入るには、まず沖縄側との調整が必要になりそうだ。

 米国の立場は、今月2日のルース米駐日大使と平野官房長官、北沢防衛相との会談で伝えられた。日本政府内に「新たな移設案で米国の合意を取り付ければ、地元は最後に説得できる」との見方も出ているなか、米国がクギをさした形だ。

 これに関連し、北沢防衛相は11日の衆院安全保障委員会で「まず、地元が100%ではないにしても理解してもらわないといけない」と述べている。

「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
宮城・福島・山形各地で震度4、震源は福島沖(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
亀井氏、首相に追加経済対策を要請 「国民生活痛んでいる」(産経新聞)
「すり寄りではない」子ども手当合意で公明幹事長(読売新聞)
posted by タカモリ カズヒロ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

シー・シェパード船長、肉魚ペロリ…菜食のはずが(読売新聞)

 反捕鯨団体シー・シェパードの元船長で、ニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)が12日、海上保安庁に逮捕されたが、2月15日に第2昭南丸に侵入して以来、ベスーン容疑者の船内生活は、1か月近くに及んだ。

 関係者によると、中から鍵が掛けられない個室が与えられ、室外には24時間見張りがついていたが、要求すれば出入りは自由で、甲板で運動することもあった。

 1日3回の食事はほかの船員と同じメニューで、焼き魚など和食が中心。冷凍の肉類を調理した料理も提供され、ベスーン容疑者は残さずに食べたという。シー・シェパードの抗議船内では菜食主義が徹底され、肉や魚は食べられなかったとされる。

 関係者は「シー・シェパードの船に乗っているときより、よほど充実した食生活だったのでは」と指摘する。

鳩山首相の公邸入居費を「過少申告」 清掃費を除外(産経新聞)
密約有無、政府見解出さず 岡田外相が表明(産経新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)
鳩山首相にとってすべては「ゆらぎ」なのか?(産経新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
posted by タカモリ カズヒロ at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。